WEBライターで提案が通らない場合

皆さんこんにちは、会社員+webライターで細々と楽しんでいる岩翔です。

10月からサイコパス、七つの大罪が始まるのでとても楽しみです!

最近、アマゾンプライムやNetflixに契約して色々と見ていますが、やっぱりアニメは面白い。

そういう話は別でやれとw

さて、前回から紹介しているクラウドワークスとランサーズですが、ただ登録しただけではお仕事は貰えません!

自分から仕事を探してどんどん提案していかなければりません。


しかし、最初に苦労するのは提案がなかなか通らないこと。私も経験がありますし、今でも通らないことはたくさんあります(泣)

そんな時は下記の方法を行ってみてください。

① 強みが活かせる案件を探す

自分はどんな記事なら書いていきたいのか、何か得意なことが探してみることをおすすめします。例えば家電のことが詳しいのであれば、家電に関しての比較記事執筆などの書くことができますし、WiMAXのモバイルwi-fiルーターなどを使ったことがあるなら、その経験談を記事にする案件などもあります。

是非強みを活かして提案を行ってください

② 初心者歓迎の案件を探す

クラウドワークス・ランサーズの案件プロジェクト案件の中には「初心者大歓迎!」といった今まで記事を書いたことがない人向けに募集しているところもあります。こういうところはwebライターとして実績を上げるだけでなく、記事の書き方などを教えてくれるのでスキルアップにも繋がります。

ただし、1文字0.1円は2000文字×20記事で3000円など非常に単価が低い物が多いので「スキルを上げる為」や「実績を残すため」と割り切って仕事をした方が良いでしょう。

③ ひたすら提案しまくる!

私がよくやるのはこれですwとにかく良い案件・書けそうな案件があればひたすら提案をしまくります。1日は5~10案件ほど提案すれば、私の経験上では、3案件ほどテストライティングに入ったり、そのまま採用されたりするので、どんどん提案しまくるのもいいでしょう。

当たり前ですが、最初から実績のある人はいません(私も決して凄い実績があるわけではありません)それでも受け入れてくれるところや、まずはテストライティングを行ってくれるところを見つけていくしかありません。その為には3番のひたすら提案しまくるが、実績を作る一番の近道といえます。

webライターは一気に稼げるような副業・兼業ではありませんが、コツコツ実績を重ねていけば、その分良い案件に恵まれるようになったり、継続的にお仕事が貰えるようになり自然と収入は増えていくと思います。

まずは、書けそうな案件があればすぐに提案を行い、返事がなければ別の案件を探す。そして、テストライティングなどでチャンスを掴んだら、全力で執筆を行い、継続的にお仕事を貰えるように努力しましょう。

もし、お仕事の依頼がありましたら下記にご連絡ください。外出していることも多いのでgmailの方が繋がりやすいです。

【問い合わせ先】

s.nakamichi@as-business.com

snowblackcoa1234@gmail.com※こちらの方が連絡取りやすいです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です