クラウドソーシング以外のwebライターで仕事を手に入れるには?


こんにちは、岩翔です機能的、!一週間ほど納期を頂いていた案件で19時頃に今日中に書いてほしいと言われて、久し振りの無茶を言われましたw

何とかこなしましたが、ケッキョク修正スルダロナーという感じです。

さて、今まではクラウドソーシングでのお仕事の取り方をお伝えしましたが、今回はそれ以外でもwebライターって応募できるので紹介します。

まず一つ目が「マイナビバイトなどの求人サイトから応募」です。

実は在宅のwebライターって求人サイトからでも探すことができるんです。中にはジモティーという交流掲示板にもあがることがあります。

この中には結構レアな案件がありますので、余裕があれば探していくのがおすすめです。

特に継続でお仕事がしたい場合はクラウドソーシングを使うよりも安定しています。

ただし、選考基準が高めだったり、都内に打ち合わせができる方など条件も厳しいものもありますので、そこはしっかりとチェックしておきましょう。

企業に突撃して仕事を取る

うちの友人はこれでいくつか案件を取れたと言っていましたw

とにかひたすら電話をして興味を持って貰ったところにどんどんアピールしていくのがポイントです。

単価交渉なども行えるので、クラウドソーシングや求人サイトを使うより稼げる可能性があります。

ただし、アポなし連絡になるので、話を聞いて貰える企業に当たるのはなかなか難しいでしょう。

サグーワークスなタスク型のサイトに登録する

クラウドワークスやランサーズにもあるのですが、この他にもタスク型専用の「サグーワークス」や「シノビライティング」などに登録を行い、webライターとして活動するのも一つです。

こちらはプロジェクト型と違って「すぐに執筆が開始できる」というのが利点だと思います。自分が書けると思った案件を選び、執筆を開始してクライアント側が「承認」をすれば報酬を獲得することができます。

提案する必要がないので、初心者向けで、空いた時間で収入を得ることができるのでオススメです。

ただし、1文字の単価は0.1円や0.3円と決して高くはないですし、1発勝負の案件で非承認になってしまった場合は報酬を手に入れることができませんので時間の無駄になるといっても過言ではありません。

※ルールさえ守っていれば承認されることの方が多いと思いますが

プロジェクト型でもテストライティングはあり、仮に本採用されなかったとしてもテストライティング料は基本的に貰えることが多いので時間の無駄になることはほとんどないので、本当に手が空いた時、得意な案件が来たときだけタスク型をやるのがおすすめです。

以上、WEBライターで今後稼いでいこうと思っているのであれば、様々な方法があることを覚えておいてください。また、無料ブログでもいいので好きなことを書くことでその分野の執筆依頼が来る可能性もあるので、余裕があればブログを書くこともオススメします。

是非、楽しいwebライティング生活を送ってくださいね。



【問い合わせ先】

s.nakamichi@as-business.com

snowblackcoa1234@gmail.com※こちらの方が連絡取りやすいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です