兼業としてwebライターを始めて良かったこと、悪かったこと

どうも!ポケモンGOで色違いミュウツーがGETできなかった岩翔です!これはなかなか悔しいですねw

さて、今回は私の「兼業としてWEBライターを始めて良かったことや悪かったことを語っていきます!

まだ、本格的に始めて半年程度ではありますが、兼業webライターとして活動して良かったこともありますし、逆に悪かったこともあります。いわば、メリット・デメリットのようなものですね。

WEBライターをしてよかったこと

① 収入が増える

やはり、まず良かったことに挙げられるのは収入が増えることですね。私の場合1日1~2時間で案件にも寄りますが、少なくて1000円~2000円、多ければ4000円~5000円ほど稼ぐことができますので、月に3~6万程度収入が増えました。

月3万円でも収入が増えれば、割と幅が広がるのでうれしいです。頑張って月5万の収入が入ったときは家内と美味しいものを食べにいったりしますね

② 知識を付けるきっかけとなる

WEBライターの案件の中には全く知識がないものを執筆するときもあります。本来であれば、知っている知識を執筆してお金を貰うのですが、webライターは「リサーチして自分でまとめてください」という案件も多いです。

こういう案件でも1文字1円単価で貰えるものもたくさんあるのでおすすめです。この場合知らない知識を付けるきっかけとなります。もちろんネットや書籍だけでは深くまで内容を知ることはできないかもしれませんが、話題作りの一つとしては十分です。

私も友人から「大概の話題についてこれるのでありがたい」や「話が合うので嬉しい」とよく言われます。

また、案件の中には、他の副業についての紹介記事なども書くことがありますので、他にも自分ができそうな副業を行って更に収入源を増やせる可能性もあいrます。

知らないことを知るきっかけをたくさん作ってもらえるのでwebライターをやってて本当によかったなと思います。

③ 空き時間を有効活用できる

今まで空き時間にはテレビを見たり、スマホを意味もなくいじっていたのですが、webライターをしてから、この時間を有効活用できるようになりました。

電車の中でスマホのGoogleドキュメントを使って、ちょっと執筆したり、仕事が終わった後の時間で執筆をしたり……今までただ何となく過ごしていた時間を本業とは別の収入源に変えられるのはいいですね。

ゲームとかもしているのですが、この時間もライターとして活動したらいいのかもしれませんが、私にとってストレス発散・気晴らしにもなりますのでこれだけは辞められませんね。

あくまでも電車の時間や無意味にみているテレビの時間を有効活用する時に執筆しています。

④ 経費として認められる

これに関しては、まだちゃんと確定申告したわけではありませんのでわかりませんが、友人と仕事関係の話をする為に喫茶店にいったり、食事をするのは経費として認められたりすることが多いです。

また、事業用携帯や電気代、ボールペンなどの事務用品も仕事として使うのであれば経費として認められて税金を抑えることができます。

税理士さんの話やネットの話を見ていると色々な方法を使って経費として使い税金を支払わないで済むようにする方法などもあり、税金対策ができるのも大きいです。

WEBライターをして悪かったこと

①締め切りがあるので時間調整をしなければならない

当たり前ですがwebライターも仕事です。決まった時間に働かなくてもいいかもしれませんが、その分時間管理には気を付けれなければなりません。

自分の好きな時に書いて、納品してお金が貰えるわけではなく、納期をしっかりと守り、クライアントが納得する記事をかいて初めて報酬へと変わるのです。

納期までどれぐらいあるのか、複数の案件を持っているのであれば、どれを優先的に書かないといけないのか、全ての案件をこなすには1日にどれだけ仕上げないといけないのかなど、全て自分で調整しないといけません。

これができないと納期に間に合わなかったり、徹夜などをして本業に支障をきたしてしまう可能性も十分にあります。

私も時間調整をするのが結構苦手なので、これは別に悪いことではないのかもしれませんが、自分のデメリットとして挙げておきますw

② 帳簿をつけるのがめんどくさい

本業とは別の収入が年間20万以上ある場合は確定申告をする義務があります。私も月に3万~6万稼いでるので、確定申告は必須。

ただ、税金を抑える為に仕事して使うものは経費として申告するのですが、その為の帳簿をつけるのがめんどくさいです。

私は白色申告をする予定なので「単式簿記」と比較的簡単ですが、それでもめんどくさいですね。

税金を抑えるために青色申告というのもありますが「複式簿記」となる為、更にめんどくさくなるので考えていません。

ただでさえ、兼業ライターは1秒でも時間を無駄にできないのに、青色でやっていたら相当時間がかかりますよね。

必要なのことなのですが、本当にめんどくさいので悪いことにあげました。

こんな感じですかね。私からすれば、やはり兼業ライターは良いことの方が勝っているので続けられている感じですね。

何でもそうですがデメリットよりもメリットの方が勝り、それが楽しかったら続けられるんですよね。特に第2の収入として得るための兼業であればなおさらです。

本業でしんどい思いをして、更に兼業でもしんどい思いをしている、メリットよりもデメリットの方が大きいのであれば続けるのも難しいですよね。

私は第2の収入として安定して収入を得ることができるwebライターをおすすめしていますが、合うか合わないかは人それぞれ。

是非とも自分にあった兼業を見つけて、楽しくお金を稼ぐことを覚えてくださいね。

以上、本日もありがとうございました。

もし、お仕事の依頼がありましたら下記にご連絡ください。外出していることも多いのでgmailの方が繋がりやすいです。

【問い合わせ先】

s.nakamichi@as-business.com

snowblackcoa1234@gmail.com※こちらの方が連絡取りやすいです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です